空調服を導入しました。

こんにちは。

大阪府内は勿論のこと、京都、兵庫、和歌山、奈良、三重、愛知と近畿、東海地区を中心に鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

5月も終わり気づけば、もうすぐ6月ですね。

今年の春は緊急事態宣言もありステイホームされた方も多いかと思います。

当たり前のことですが、私たちが暮らし方を変えようとも、以前と変わらず季節は変わっていきます。

仕事環境は厳しいですが、迫ってくる「夏」に向かっておこなう対策を「ステイ」するわけにはいきませんので弊社も少しづづ準備を始めております。

今回は、そんな中で今年から新しく取り入れたことを書きたいと思います。

それが「空調服」です。

そう、気温の上昇と共に高まるリスクが「熱中症」です。

毎年、夏になると熱中症という言葉を聞かない日が無いぐらいに昨今では大きな問題の1つとなっております。

勿論、弊社でも「熱中症の兆候」「熱中症対策」「熱中症になった場合の対処方法」など安全会議等で再確認をおこない熱中症にならないよう対策をおこなっております。

そして今年はコロナ対策+熱中種対策が必要になってまいります。新しい次元の対策が必要なのかも知れませんが、まずは出来ることから1つづつということで、

先ほど、述べさせて頂いたように「空調服」を一部で導入いたしました。

一部?と思われる方もおられるかも知れませんが、現時点では全社員に導入はしておりません。

実は過去にも導入検討を何度かおこなったのですが、実際に装着される作業員から不安の声があがったのも事実で、導入見送りをしておりました。

不安の声って何?というところを簡単に書きたいと思います。

ただ、これは弊社の中での声であり、弊社の作業環境にとって、不安材料があるということです。(商品自体に不安があるわけではありません)

そして、この空調服は基本的にはメリットの方が圧倒的に大きい為、使用されている方が多いと私も思っております。

では話を戻して、不安や疑問って何?というとことですが、

①外の空気を服の中に取り込むので外気温が高いと効果が無いのではないのか?

②埃が多い場所での使用の耐久性とインナーシャツへの影響

③モーター付属により服の重量が増える、ファン装着の為、服が大きくなる。これにより作業に何か影響が出ないか?安全を脅かす可能性が無いか?

等という心配の意見が多くありました。

メーカーさんも、しっかり対応してくれてるかも知れませんが、やはり毎日身に着ける可能性が高いものですので安全性には十分に考慮したいですよね。

その為、一部で導入し要素を見てみようということになりました。

ちなみに商品ですが

バッテリー
ファン付きの作業着

作業着にファンを装着

バッテリーも装着

スイッチオン(風が送られ作業着が膨れ上がっております)
横から

と、電源を入れて送風した状態で写真を撮ってみました。

さて、これから実際の現場で使用してみて問題無いのか検討をしていきたいと思います。

最後までお読み頂いありがとうございます。

大阪故鉄公式HP

http://www.kotetsu.co.jp/

SDGsバッジ&SDGsシール着用しています!!

こんにちは、大阪は勿論のこと近畿一円、中部、東海、北陸含む全国の鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

今日はSDGs(エスディージーズ)について少し書いてみたいと思います。

皆さんは、SDGsという言葉をご存じでしょうか?

聞いたことがある?名前は知ってるけど詳しくは分からない、初めて聞いた…等々、皆さん様々だと思います。

始めて聞いた方は、この機会にSDGsという名前と大まかな意味を知って貰えたらと思います。そして少し意識してみてください。

最近の広告や企業のページ、TVコマーシャル、特に新聞ではSDGsという単語が載らない日は無いと言い切れるぐらい何処かしらに目にする機会が意外と多いと気づくと思います。

勿論、知っていなくても恥じることではありません。弊社の社員でも最近まで知らなかった社員もおりました。

でも、せっかく当ブログに目を通して頂いたのも何かの運命と思い少しだけ耳を傾けて頂けたらと思います。

出来るだけ簡単に、私流に噛み砕いて説明しますね。我流な説明のため、専門的な内容が知りたいという方は外務省のHP等を見て貰えたら詳しく載っております。またSDGsという言葉で検索すると多様なHPで多くの情報を見ることが出来るかと思いますよ。以下の説明は多くの情報の中の1つととして、そして初めてSDGsという言葉を聞いた方向けに書いていることをご認識の上で読み進めて貰えたらと思います。

ではまず最初にSDGsって何?ということなんですが、このSDGsというのは2015年の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標になります。

目標というからにはゴールも設定されております。

と、まずはSDGsが何か?ということを説明させて頂きました。

ポイントは「SDGsは国連が定めた国際目標である」ということです。

では次にSDGsってどんな目標?ってことを書きたいと思います。

まずこの「SDGs」という言葉ですが、これは単語ではないんですね。

では、何なの?というと実はSDGsというのは「Sustainable Development Goals」の頭文字取った略語になります。

難しい単語が出てきたので、各単語の日本語訳をしてみましょう。ちなみに私も英語は得意ではないのでGoogle翻訳を使ってみます。

Sustainable ・・・持続可能な

Development ・・・開発

Goal・・・目的・目標

と日本語訳が出来ました。

すなわち、「持続可能な開発の目標」になります。

そしてGoalsと「S」が付いているので複数形の目的ということになります。

複数形って何個ぐらい?とお思いになるかと思います。

答えは17個になります。これが代表的なゴール目標で、それぞれのゴールには、それを細分化した169のターゲットがあります。

上は直訳になるので、国連のHP等で記載されているのとは若干違いますが、大まかな内容を理解する上では十分だと思います。

すなわちSDGsとは「国連が定めた持続可能な開発の国際目標」のことになります。

そして国連のHPでは、この持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットを構成し、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っております。

*詳しくは国連のHP(英語)や外務省のHP(日本語)を見てくださいね。

と簡単にSDGsについて書かせて頂きましたが実は、このSDGs活動に関しては大阪故鉄株式会社も賛同し弊社が取り組めることを社員全員で取り組んでおります。

どのターゲットに対して何を、どのように取りくんでいるのかは、弊社のHP内に「大阪故鉄のSDGsの取組み」というページを設けておりますので、お時間があれば是非とも見て頂ければと思います。

また大阪故鉄株式会社では社員ひとりひとりがSDGsの活動に取り組んでいる証として営業・事務職の全社員に「SDGsバッジ着用」を、現場作業職の社員には「SDGsステッカーをヘルメットに貼付」しております。

SDGsステッカー、ヘルメットに装着画像
SDGsバッジ。事務服や営業用作業服、スーツに着用。

弊社にお越しの際には是非とも意識して見て貰えたらと思います。

そして、このSDGsの取組みは企業しか取り組めないわけではありません。

個人でも簡単に取り組むことが出来ます。

例えば

□募金する(貧困をなくそう)

□近距離は自転車を使う(すべての人に健康と福祉を・エネルギーをみんなに)

□太陽光発電を設置する(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)

□近所の清掃活動をする(住み続けられるまちづくりを)

□レジ袋を断る(海の豊かさを守ろう)

等々….意識せずに普段から取り組まれてることもあるんじゃないでしょうか?

今後は更にSDGsの観点を意識してご自身の行動が将来に繋がっているということを考え認識してみたら良いかも知れませんね。

そして、鉄スクラップというのは一度使い終わり役割の終えた鉄を再び再資源して蘇えさせることが出来きます。

また鉄スクラップを再資源化する工程は鉄鉱石から鉄を作る工程よりもCO2排出量も少ない、まさに地球環境と日常生活とってメリットの多い資源になります。

また鉄スクラップは日本では発生が消費を上回っており輸出品目として取り扱われております。すなわち日本の重要な資源として考えらえることが出来ます。

そんな鉄スクラップを適正に処理するだけでなく、持ち込みやすい店作りを心掛けておりますので、皆さんのお越しを社員一同お待ちしております。

大阪故鉄株式会社HP

http://www.kotetsu.co.jp/

大阪故鉄SDGsのページ

http://www.kotetsu.co.jp/sdgs/

計量器のお色直し。

みなさん、こんにちは。

大阪市、大東市に工場を構え、大阪府内・兵庫・神戸・奈良・京都・和歌山・滋賀と関西一円の鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

弊社はお客様から引き取った、又は持ち込んで頂いた鉄スクラップをトラックごと計量器にて計り、1t=〇〇〇〇円(価格は相場変動制)で有価物として買取させていただきます。

弊社両工場にも入口すぐの一番目立つ所に設置しております『計量器』。

正式名称は『電気抵抗線式はかり』 と言い、何と200㎏~80,000㎏(80t)迄計れるんですよ!

ちなみに80tという数字を聞いてもピンと来ないですよね。そこで少しだけ80tのイメージが湧きやすいように例えを作ってみました。

①80tって人間でいうと何人分? 

⇒16歳以上の日本人男性の平均体重が64kgと言われておりますので、約1250人分の成人男性の体重までを一度に測れてしまいます。

②80tってロボットで言うと、どんなロボット?

⇒ロボットを作ったことはありませんが、兵庫県神戸市長田区には知る人ぞ知る「鉄人28号」の巨大モミュメントがありますが、あれで50tですので、鉄人28号の1,6倍の大きさのロボットが測れます。

と、少しイメージが湧きましたでしょうか?

その大事な役割の計量器。

実は、大東市:諸福工場では計量器をゴールデンウイーク前に皆でお化粧直しをしました。

化粧直し前の計量器(少し色が剥げております)
ペンキ塗装作業風景(色がはみ出ないように慎重に塗ってます)

皆で協力して塗装中(写真撮ってないでお前も手伝えよ!と言われたとか無いとか・・)
文字入れ中

完成!!

枠線をマーキングし、停止線と「STOP」の表示。

よく目立ち、お客様も迷うことなく停止線で停まってくれるようになりました。

完成写真1
完成写真2
完成写真3

これからも諸福営業所へ来られた際は、黄色く縁取られた計量器が皆さんをお待ちしております。

また弊社では大阪府の公認計量器として登録済みであり、「計量証明事業」もおこなっております。また各事務所に一般主任計量者試験に合格した主任計量士が常駐し、正確な計量器で確かな技術を持って計量をおこないます。計量に関するお問い合わせもお待ちしております。

最後までお読み頂き有難うございます。

大阪故鉄株式会社 HP

http://www.kotetsu.co.jp

大阪故鉄㈱のコロナ対策について

こんにちは、鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

皆様、様々な方法でコロナ感染症への対策をされているかと思います。

弊社といたしましても政府から「新型コロナウィルス感染対策の基本方針」が発信されていることから、厚生労働省の基本事項を元に下記の対策を実施しております。

1.毎朝出社前の検温実施(発熱時には出社せず所属長へ報告)

2.マスクまたは代替品の着用

3.こまめな手洗い・うがいの実施

4.こまめな換気の実施(時間決めた換気や換気扇の常時運用)

5.受付窓口での飛散防止パネル設置(本社工場)

その他、全社員揃っての朝礼の自粛や、出社人員を工場ごとで必要に応じて調整すると共に、2工場間に社員の往来を原則禁止しております。まだまだ試行錯誤ではありますが、出来ることを考え、早急に実施することを心掛け、引き続き取り組んで参ります。

パネル設置1(本社)
お支払い窓口用 パネル設置 (本社)
お支払い窓口 アクリルパネル(諸福)
パネル設置 パンフ
換気中 案内板
消毒液設置
本社入り口に設置の消毒液

今後も、休業や営業時間短縮など状況に応じて様々な対策を実施する可能性があります。

お客様および関係者の皆様にはご不便をおかけする場合もありますが何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今後ともHPやブログを通じて出来る限りの情報発信は続けて参りますので引き続き、宜しくお願い致します。

また、新型コロナウィルスに罹患されて皆様に謹んでお見舞い申し上げますと共に、医療従事者をはじめとする感染防止対策にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

大阪故鉄株式会社

http://www.kotetsu.co.jp/

HP更新!!

こんにちは、大阪で鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄㈱です。

2018年に大幅にHPを更新し、その後も小さな変更はおこなっておりましたが、今回は久しぶりに大きく変更いたしました。

1.大阪故鉄㈱の強み 追加

2.企業理念 追加

3.SDGsの取組み 追加

4.リクルートページ 新たな社員の声を追加

5.保有車両の更新

おおきく分けて上記の内容を更新いたしました。

今後も皆様に分かりやすいHPになるよう努力いたします。

大阪故鉄株式会社

http://www.kotetsu.co.jp/

輸出業務の幹事をおこないました。

こんにちは。

大阪府内を中心に関西・中部・中国・北陸地方まで、鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

弊社は鉄リサイクルの様々な団体に所属しており、日々鉄スクラップを通じて地域・業界・産業に貢献するべく業務に邁進しております。

先日、所属団体の1つである、大阪金属リサイクル工業協同組合にて実施の「第37回リサイクル組合共同輸出」の幹事を務めさせて頂きました。

当組合の輸出業務の幹事は、幹事会社数社が順番に持ち回りし、円滑な業務をおこなえるように組合・販売先商社・会員企業へ船積み開始の情報発信や数量管理をおこなう重要な役割になります。

今回も沢山の皆様のご協力もあり無事に幹事としての役割を果たすことが出来ました。

今回のブログでは、その輸出業務に携わった弊社社員の一部の写真と、輸出業務時に楽しみにしており毎回足を運ぶ昼食の焼き肉屋での一コマをご紹介します。

岸壁事務所をお借りしての、集計・伝票発行等の業務風景
船積み風景/弊社社員は、岸壁付近でドライバーと検収員との伝票の受け渡し作業や、岸壁事務所へ現場状況を報告し、車両台数の調整等をおこなう

食事風景/安らぎのひと時
おまけ
おまけ2

 

最後は食事テロ的な写真になってしまいましたが、通常のヤード業務(工場での業務)だけでなく、業界団体の業務内容も簡単にご紹介させて頂きました。

本日も最後までお読み頂き有難うございます。

大阪故鉄株式会社 HP

http://www.kotetsu.co.jp/

1年間ありがとうございました

こんにちは、大阪を中心に近畿圏から中部・四国・中国・北陸と鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

弊社は2019年の業務を本日28日を持って終了となります。

今年1年も本当に皆様にお世話になりました。

今年は色々な方々から新しいお客様をご紹介頂いたりする機会が多く、新たな出会いが多い1年でありました。

今年は国内電炉粗鋼生産が2年ぶりに減少し、内外で鋼材需要も低迷、それに伴い国内鉄スクラップ価格も4月から8カ月に渡り大幅に続落するなど厳しい1年でもありました。

しかし、お客様や販売先様のお陰で厳しい1年を乗り越えることが出来ました。

本当に有難うございます。

来年も引き続き厳しい状況が予想されますが「お客様にとって1番の会社になる」ことをモットーに全社員一丸となって頑張ってまいります。

今後とも何卒宜しくお願いいたします。

最後までお読み頂き有難うございます。

大阪故鉄株式会社

http://www.kotetsu.co.jp/

労働安全衛生講習会 受講完了

こんにちは、大阪・近畿を中心に全国で鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

先日、一般社団法人日本鉄リサイクル工業会が主催する「労働安全衛生講習会」を東京で受講してまいりました。

「機械のリスクアセスメントとは」との題材で実際の鉄スクラップ業界の災害事例や、業務内容を想定し、各自でそこに潜むリスクと改善策を考え、話し合いをおこない危険予知能力の向上を図りました。

また受講終了後には「終了証」も頂きました。

私達の仕事は鉄スクラップを選別し加工して必要とするユーザー様へお届けすることではありますが、大きな機械を使用することや重量物を取り扱うことで危険と隣り合わせでもあります。

何よりも優先されるべき「安全対策」に関して、弊社はこれからも力を注ぎ「大阪で一番安全なスクラップ業者」を目指してまいります。

最後までお読み頂き有難うございました。

大阪故鉄株式会社


http://www.kotetsu.co.jp/

AED導入しました&使用訓練実施致しました。

皆さん、こんにちは。

大阪府内中心に鉄スクラップを取り扱う、大阪故鉄株式会社です。

皆さん、最近は街中やスポーツ施設等でAEDを目にする機会も多くなったと思います。

今回、弊社も本社工場と諸福工場に各1つづつAEDを設置致しました。

社員およびお客様、近隣の皆様のいざという時の命を守る大事な医療器械になりますので、導入に至るまで色んな会社様とも話をさせて頂き、各工場の用途にあった機械をそれぞれ購入いたしました。

そして本日は早速、諸福工場で使用説明のデモンストレーションをして頂きました。

設備はあっても、使い方はが分からなければ意味がありませんので、実際に教えて頂き機械を触って操作出来たことは大きな意味があると思っております。

勿論、AEDを使うことが無いのに越したことは無いのですが….

これからも社内の安全への投資だけでなく、AEDのような社員の命を守る設備も導入して参りたいと思います。

AED講習の様子

最後までお読みいただき有難うございます。

大阪故鉄株式外会社

http://www.kotetsu.co.jp

大阪故鉄 2019社員旅行 (軽井沢)

こんにちは、大阪で鉄スクラップを取り扱う大阪故鉄株式会社です。

今日は7月に行きました社員旅行の報告です。

弊社の社員旅行は非常に楽しみにしている社員も多く、色々なところへ行って来ましたが今年は酷暑から逃げるべく避暑地である軽井沢へ2泊3日で行って来ました。

過去の社員旅行とは趣向を変え、ロッジに分かれて宿泊をしてみたり、ゴルフ組・観光組と分かれての行動日を作ったりと新しい取り組みの中でおこなわれました。

皆さん、普段の疲れを癒すべく、ゆっくりしたり美味しい食事に舌鼓を打ったり、ショッピングに行ったりと充実した3日間になりました。

簡単に社員旅行の風景を載せておきますのでご覧ください。

次の社員旅行は何処だろうな~??