諸福営業所20周年

大阪故鉄㈱の諸福営業所が11月4日にて20周年を迎えることが出来ました。

この記念すべき20年という節目の年を迎えることができましたのも、 多くのお客様に支えられ、パートナー企業の皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。

この20年の間で鉄リサイクル環境は大きく変化いたしました。

鉄の価格も変動し1㌧1万円を切り、有価物としての流通が厳しくなる寸前の時期もありました。それ以前には7万円を超えてTVニュースで鉄の盗難が話題として上がるような時期もありました。

そして企業には収益だけでなく、コンプライアンス順守や環境対策等も求められるようになりました。これは大手企業だけでなく、私達零細企業でも例外ではなく真剣に取り組んでいかなければいけない時代になっております。

この諸福工場は20年前に20年以上先を見据え、環境に配慮して建てられた工場です。優れた立地条件に位置し、お客様の利便性を上げることは勿論のこと近隣の皆様への配慮をおこない騒音・振動対策に多くの投資をおこなった21世紀型の都市型ヤードのモデルとして完成致しました。

20年後の本日振り返りましても、本当に良い工場だと思います。

 

そして、これから先の20年…..

もっと大きな変化が待ち受けていると思います。

人不足による機械化・AIの導入・外国人労働者・自動運転….

日々の新聞紙面で踊る言葉を見るだけでも、【人材の問題】が大きなキーワードとなることが予想されます。

弊社としても例外では無く社員の高齢化が進んでまいりました。

それを補うべく今年は7名の新人を採用し活躍してくれております。

ベテランと新人の融合による新しい時代の幕開け。

カッコ良く言うと、そんな年にしたいなと思います。

 

私達は、この20周年の歴史を1つの節目として、働く社員の人間力の向上を図り企業価値を更に高めて参ります。

今後とも引き続きご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

弊社の20年の記事が「日刊市況通信」「日刊産業新聞」に掲載されました。

2紙とも違った視点で記事にして頂いておりますので、よければご覧ください。

(日刊市況通信社様には先月も特集号にて大きく取り上げて頂いております)

 

日刊産業新聞(左上に弊社記事)と20周年特別広告

紙面拡大はコチラ ⇒日刊産業新聞18年11月6日付2面 特集記事掲載紙面

  日刊市況通信社

日刊市況通信社 拡大はコチラ ⇒ 11月02日02面

 

携帯型成分分析計を導入しました。

こんにちは、大阪故鉄株式会社です。

弊社では今年の夏に「携帯型成分分析計」を導入しました。

成分分析計は設置型と携帯型が主にありますが、工場内で素早く対応出来る点を考慮し弊社では携帯型を導入いたしました。

ヤード内にある鉄・非鉄を分析することが主たる目的ですが、分析行為を通じて商品知識の向上にも繋がればと思っております。

新しい機械を通じて品質向上・知識の向上に繋げ「大阪故鉄の品物のブランド化」を更に向上させていきたいと思います。

 

*2018年10月26日付 日刊市況通信に取り上げられました

拡大はコチラ ⇒ 00日00面 (大阪故鉄様)

 

大阪故鉄株式会社

本社事務所の屋根の修繕完了

こんにちは。

本社工場棟のスレート工事完了から空くこと2週間後の10月7日、

台風21号による本社事務所の屋根の損害個所の修理が完了いたしました。

工務店様と話を続けてくれた弊社の担当者、そして作業をしてくれた工務店様に本当に感謝の気持ちで一杯です。

まだまだ街中には被災されたままで修繕作業が行われていない建物も沢山あります。

少しでも早くの復興を期待するばかりです。

 

簡単ではありますが被災後の仮補修の状況と修繕後の状況を写真でご報告いたします。

 

 ブルーシートで雨漏り対策    修繕後① 修繕後②

 

最後までお読みいただき有難うございます。

大阪故鉄株式会社

HP : http://www.kotetsu.co.jp/

 

スレート工事(本社工場)

本社工場内に明かりを取り込む、明かり窓用のスレート(採光パネル)が先日の台風21号により破損しておりましたが、修復工事が完了致しました。

これで雨水が吹き込むことにより、機械へ悪影響を与える心配も軽減され何より一安心です。

弊社が位置する大阪市住之江区は甚大な被害を受けられた会社様やご自宅もあり、改めて自然災害の恐怖を肌で感じた天災でした。

人的被害が無かったことは何よりですが、これに満足せず『災害に強い会社』『防災への備え』『緊急時の社内の連絡網の構築』が大事だと思い知った災害になりました。

上記を築くのに何が必要で、何をしなくてはいけないのか?

これから勉強し早急に取り入れられる物は取り組んでいこうと思いました。

 

【主な修復個所】

左:壊れた採光パネル    右:張り替えた採光パネル

 

②事務所屋根

 

左:割れた屋根スレート   中:剥がれた隅棟    右:雨漏り対策

 

③ヤード屋根

左:割れた屋根       右:補修した屋根部分

:ー:--:-:-:--:-:-:-:-:-:-::-:-:-:-:

 

最後までお読み頂き有難うございます。

大阪故鉄株式会社

 

本社工場 計量器入替工事完了

9/2(日)に弊社本社工場の計量器の入替工事を実施しました。

仕様は以下の通りです。

品名: ダイトク製マルチロードセル6点式トラックスケール 埋込式

仕様: 秤量:80,000kg  目量 10kg/20kg

敷面: 3,000×15,000(㎜)

指示計:(事務所内の操作機)は諸福営業所と同一にし社内の仕様を統一

 

この機会に本社工場の計量器の歴史を調べてみました。

1971年6月   津守工場より住之江に本社工場移設時、計量器設置

1990年9月   大幅な改築工事と共に計量器入替

2018年9月   計量器入替

今回の計量器は、この本社の地では3代目になります。

2代目には28年間、お世話になりました。

 

 

では、ここからは工事の様子をご紹介いたします。

【事前の電気配線工事】

【計量器入替工事風景】

 古い鉄板を取外します 鉄板の下の架台 地下ピットの清掃  新しい土台作成  架台を載せる  鉄板を載せる 周りに色付して分かりやすく

 

 

【完成】

 新しい計量器です

 

勿論、計量法による計量器検査も完了しており

前回同様に大阪府計量協会の許認可を受けております。

新しい計量器を見に是非とも弊社へ来て頂ければと思います。

また弊社は、計量証明事業もおこなっております。

皆様の利用お待ちしております。(詳細はHPに記載)

 

※2018年9月26日付 日刊市況通信に掲載されました。

日刊市況通信社 紙面画像日刊市況通信社 紙面画像  ⇦拡大(クリックして頂ければ見れます)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

大阪故鉄株式会社

BLOG はじめました

皆様、はじめまして。

『大阪故鉄株式会社のことを皆様にもっと知って貰いたい!!』

との思いからBLOGを作成いたしました。

大阪故鉄株式会社のことから鉄スクラップのこと、弊社が行っている活動等…

情報を発信し弊社のことを知って頂ければと思います。

 

皆様、これからも宜しくお願いします。